読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

梵我一如の先

恥と痛みは誰が為に。

怪我の功名

 

 

‪知人「貴方がもし、毎日使ってる喘息の薬を全部やめられたら、私も前を向くわ。(どうせできないわよ)」‬


‪僕「わかった!」‬

 

‪──半年後‬

 

‪僕「禁煙してアホほど運動しまくって食生活見直して、薬を一切使わず半年経ったよ!!」‬

 

‪知人「私は貴方みたいに強くないから無理よ」‬

 

‪僕「(ぇえぇぇええぇぇ………)」‬

 

 

ということが、昔あった。

 

人は、自分で自分の価値観をまるっと変えようとしない限り、他人がどれだけ身を以て示しても何を与えても、きっかけにはなり得れど、根本的には変われないんだってことを学んだ経験。

 

ただ、主観的に、本当に見返りを求めずにやったことだけは、全て自分のプラスになっていると、後から気付く。

 

仕事も、恋愛も、趣味も。

 

お節介や想いを、相手が受け取ったかどうかや、望む結果になったかどうかは、あまり関係ないように思う。

 

利益を求めずに必死になった、その時のことだけは、記憶に残るというより、充実していた実感として残る。

 

推測だけど、死ぬ時に経験する走馬灯というのは、そういうシーンの積み重ねなのかもしれないな、と思う。

それを行動に移さずためらう人生だと、よく聞く「あの時にこうしていれば…」という後悔ばかりの最期になるのかな、と。

 

ありがた迷惑や、小さな親切大きなお世話もあるかもしれない。自分からも人からも。

だけど、自分の幸せを願ってくれる人の気持ちだけは、蔑ろにしないようにしたいと、今は思う。

 

自分を愛せてないと、受け取り方もヘタクソになっちゃうから。