梵我一如の先

恥と痛みは誰が為に。